« 2/23 悩み | トップページ | 2/28 ぴあ『知っておきたい!東京BAR 10×10 2007』取材 »

2007年2月27日 (火)

2/26 ベンチャー・ウイスキー「イチローズ・モルト カード・シリーズ」4種入荷!

さて、先日から「ウイスキーマガジン・ライブ2007」の話題、最近の「悩み」等で書きましたが、ベンチャー・ウイスキーの「イチローズ・モルト カード・シリーズ」の新製品が4種類いっぺんに入荷しました。正直言ってお高いボトルもありますが、キチンと値段に見合った物になっていると思います。
どれも美味しいですが、個人的な一番のオススメは「スペードK」。これはスんバラシイ!

あ、今日はイチローだけじゃなくて、箕面ビールの「リアルエール・スタウト」も入荷してます。

●Ichiro's Malt CARD series ACE of HEARTS(ハートのA) [1985]
樽番号:
樽種:1stカスク ホグスヘッド(ウイスキー・カスク)
2ndカスク シェリーバット(アメリカンオーク)
蒸留:1985年蒸留
ボトリング:2007年
ボトリング本数:389本
度数:56%
◆メーカー・テイスティング・コメント:
色:褐色がかったゴールド。
香り:木の蜜、ハーブ、オーク樽、香草、樹液、酸味の利いた果実。
味:リッチで樽由来のタンニンがしっかり、口の中でシェリーの風味が広がる、濃厚だがしつこくない。シガーやチョコレートに合わせて。
¥3500

●Ichiro's Malt CARD series KING of SPADES(スペードのK) [1986]
樽番号:
樽種:1stカスク ホグスヘッド(ウイスキー・カスク)
2ndカスク バーボンバレル
蒸留:1986年
ボトリング:2007年
ボトリング本数:271本
度数:57%
◆メーカー・テイスティング・コメント
色:濃いゴールド
香り:バニラ、クリーミー、もなか、樽香、やがて熟したりんご、カルバドス。
味:安心感のあるウッディーさ、ラム、わずかにピーティー、ミント。ハギスやスモーク系の食事とも合う。
¥2700

●Ichiro's Malt CARD series THREE of DIAMONDS(ダイヤの3) [1988]
樽番号:
樽種:1stカスク ホグスヘッド(ウイスキー・カスク)
2ndカスク バーボンバレル
蒸溜:1988年
ボトリング:2007年
ボトリング本数:273本
度数:56%
◆メーカー・テイスティング・コメント
色:濃いゴールド
香り:ミント、香草、パイナップルの皮、ピーチリキュール、スモーキー、りんごを中心にしたフルーティーさ。
味:バニラ系の甘み、模範的、薬草、潮の風味。軽いシガーとあわせて。複雑な味わいを食前食後にじっくりと楽しみたい。
¥2400

●Ichiro's Malt CARD series TWO of CLUBS(クラブの2) [2000]
樽番号:
樽種:1stカスク ホグスヘッド(ウイスキー・カスク)
2ndカスク ジャパニーズオーク“ミズナラ”カスク
蒸留:2000年
ボトリング:2007年2月27日
ボトリング本数:318本
度数:56%
◆メーカー・テイスティング・コメント
色:赤みがかったゴールド
香り:キャラメルのような甘いトップノート、若い木樽、潮の風味、ミネラル、しおこんぶの香り。
味:甘みとタンニンの渋みの絶妙なバランス。木の実の渋皮、日本的なキャラクター、香木、レザー、きりっと透き通った芯のあるフレーバー。
¥1200

で、ちょっとバックバーに並んでるボトルの数を数えたら、ベンチャー・ウイスキー製品が20本(内4本は羽生蒸留所以外)、ベンチャーと同じ羽生蒸留所の東亜酒造商品が6本、合計26本もあることが判明!ついでにベンチャーウイスキー製品を製造販売している笹の川酒造のオリジナル製品も3本あるので、合計29種類も置いている。ベンチャー・ウイスキー、笹の川酒造、東亜酒造は別の会社だとは言え、この本数は尋常ではない。ゾートロープ的には、いつの間にやらニッカ、サントリーに次ぐ第三の勢力になっている。凄いやイチロー社長!
絶対とは言い切れませんが、ここまでICHIRO‘Sが揃ってるのは、日本ではウチだけなんじゃぁ…と思い始めた(ちょっと自慢げ)。

今回の新入荷に伴って、未開封のオールドボトル数本、一時倉庫へ下がってもらった。またいつかバックバーに出てくる日もあるさ…。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2/26 ベンチャー・ウイスキー「イチローズ・モルト カード・シリーズ」4種入荷!:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。