« April 2006 | トップページ | October 2008 »

2006.05.09

5/7 『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』

もうすぐ閉館してしまう新宿ピカデリー2で『なるにや国酔夢譚』…ぢゃなくって『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』を観る。

第二次大戦下のイギリスで、空襲を避けて田舎のカーク教授の元に疎開したペベンシー家の4人兄弟。教授の屋敷でかくれんぼをしている最中に、大きな衣装だんすに隠れたルーシーは、その奥が不思議な国ナルニアに繋がっているのを見つけた。ナルニアは、白い魔女によって100年もの間冬の世界に閉じ込められていたが、アダムの2人の息子とイブの2人の娘によって平和が訪れると予言されていた…。

『ナルニア国物語』の原作は読んでいないので、特に思い入れはない。
観てみようかな、でもまぁ見逃しても構わないか…ってくらいの気持ちだったのだが、ピカデリーが閉館なら行かねばなるまい!と思ったのだ。でも劇場交換してて、ピカ2だったのが残念。

さて、昨今のファンタジー映画流行の流れの中では、ピージャクの『指輪』より下、クリ・コロ版『ハリポ』より上、その他『ハリポ』より下ってのが率直な感想。
『シュレック』がウケてたのは、毒ありまくりのファンタジーで、ディズニーを茶化しまくったところなのに、その監督のアンドリュー・アダムソンが、よりにもよってディズニーでこんなに毒のないファンタジー作ってもダメだって。

でもそれ以上にキツイのが、キャラクター(=俳優)があんまり好きになれなず、感情移入が出来なかったこと。長男は頼りなくて成長のドラマがあまり見えず、次男はイヤなガキで、長女も感じが悪くって、末娘はスティーブ・ブシェミに似てる。(ブシェミは好きだが、ブシェミ似の女の子ってのはちょっと…)
これって原作でもこーゆーもんなの?
映画の出来はドッコイでも、俳優にまだしも魅力がある分、『ハリポ』の方がいいな。

VFXの出来は悪くはないが、WETA、ILM、リズム&ヒューズと、錚錚たるスタジオが参加してるにしては、それほどの驚きがない。
オープニングのフルCG第二次大戦シーンもいかにもCGでがっかりだ。驚いたのが、その後に続くピーターの寝顔の場面。まるっきりCGみたいで、生身の人間とは思えない。『ポーラー・エクスプレス』かと思ったよ。

まぁ、子供と一緒に観るファミリー・ピクチャーとしてはアリなんでしょう。
評判があまり宜しくないらしい白の魔女、ティルダ・ウィンストンは悪くないと思うけどな。デレク・ジャーマン映画じゃなくって、最近なんかで見たなぁと思ったら、『コンスタンティン』のガブリエル役だったのか。そうだ、この人だった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.05.08

4/26 『トム・ヤム・クン』

シネマミラノで『トム・ヤム・クン』を観る。

カーム(トニー・ジャー)と父は、タイの田舎の村で象と一緒にのどかな暮らしを送っていた。象を国王に献上することは、彼らにとって最大の栄誉であった。ところが、献上するための2頭の象が、動物密輸組織によってオーストラリアへと奪われてしまった。カームは、家族同然の象を救うため、単身オーストラリアへと飛ぶが…。

『マッハ!!!!!!!!』のトニー・ジャー主演によるムエタイ・アクション映画。

お話は前作同様、あって無きが如し。
前作が仏“像”を取り返す話で、今回は“象”を取り返す話。「イ(ニンベン)」が付いてるかどうかだけの違いでしかない。全編を通じてトニー・ジャーは、「ボクの象はどこだ?象を返せ!」って台詞ばっかり。

もちろん物語に見所なんて無い(と言い切る)。
トニー・ジャーのアクションを観たくて、映画館にやって来た観客を裏切らない物凄さ。
チャオプラヤ川でのボートバトル、Xスポーツ小僧どもとの対決、カポエラ&剣術&カンフー使いとの3連戦、螺旋状の塔を登りながらの4分間ノーカット連続バトル、45人連続骨折り、レスラー&オカマの鞭使い戦等々…と、110分間戦いっぱなし。
どこもかしこも、前作よりも凄いことをやってるのに、初めてトニー・ジャーの技を見た時のインパクトがデカ過ぎたため、今回はそこまでの驚きがないのが残念。『マッハ!!!!!!!!』が凄過ぎたからねぇ。
さらに難を言えば、4分間ノーカットバトルがちょっと残念だった。4分間闘い続けるアクションは驚きなんだけど、4分間戦い続けるために、前半からスピードが抑え気味。トニー・ジャーの凄さのひとつは、速さとジャンプ力にあるのに、それを押さえちまっちゃあ、意味がない。カット割ってもいいから、ハイスピード&驚愕滞空時間バトルをもっと見せて欲しかった。
もうひとつの見せ場のカポエラ使い戦は良かったんだけど、そのまま燃える寺院で連続で戦うのは面白みに欠ける。予算の都合もあるんでしょうが、ステージは変えて頂いたほうが良かったですな。

なんにせよ、トニー・ジャーを堪能できたから、これはこれでOKだ。

|