« 4/26 『トム・ヤム・クン』 | トップページ | 10/9 久し振りにリアルエール・スタウト入荷! »

2006.05.09

5/7 『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』

もうすぐ閉館してしまう新宿ピカデリー2で『なるにや国酔夢譚』…ぢゃなくって『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』を観る。

第二次大戦下のイギリスで、空襲を避けて田舎のカーク教授の元に疎開したペベンシー家の4人兄弟。教授の屋敷でかくれんぼをしている最中に、大きな衣装だんすに隠れたルーシーは、その奥が不思議な国ナルニアに繋がっているのを見つけた。ナルニアは、白い魔女によって100年もの間冬の世界に閉じ込められていたが、アダムの2人の息子とイブの2人の娘によって平和が訪れると予言されていた…。

『ナルニア国物語』の原作は読んでいないので、特に思い入れはない。
観てみようかな、でもまぁ見逃しても構わないか…ってくらいの気持ちだったのだが、ピカデリーが閉館なら行かねばなるまい!と思ったのだ。でも劇場交換してて、ピカ2だったのが残念。

さて、昨今のファンタジー映画流行の流れの中では、ピージャクの『指輪』より下、クリ・コロ版『ハリポ』より上、その他『ハリポ』より下ってのが率直な感想。
『シュレック』がウケてたのは、毒ありまくりのファンタジーで、ディズニーを茶化しまくったところなのに、その監督のアンドリュー・アダムソンが、よりにもよってディズニーでこんなに毒のないファンタジー作ってもダメだって。

でもそれ以上にキツイのが、キャラクター(=俳優)があんまり好きになれなず、感情移入が出来なかったこと。長男は頼りなくて成長のドラマがあまり見えず、次男はイヤなガキで、長女も感じが悪くって、末娘はスティーブ・ブシェミに似てる。(ブシェミは好きだが、ブシェミ似の女の子ってのはちょっと…)
これって原作でもこーゆーもんなの?
映画の出来はドッコイでも、俳優にまだしも魅力がある分、『ハリポ』の方がいいな。

VFXの出来は悪くはないが、WETA、ILM、リズム&ヒューズと、錚錚たるスタジオが参加してるにしては、それほどの驚きがない。
オープニングのフルCG第二次大戦シーンもいかにもCGでがっかりだ。驚いたのが、その後に続くピーターの寝顔の場面。まるっきりCGみたいで、生身の人間とは思えない。『ポーラー・エクスプレス』かと思ったよ。

まぁ、子供と一緒に観るファミリー・ピクチャーとしてはアリなんでしょう。
評判があまり宜しくないらしい白の魔女、ティルダ・ウィンストンは悪くないと思うけどな。デレク・ジャーマン映画じゃなくって、最近なんかで見たなぁと思ったら、『コンスタンティン』のガブリエル役だったのか。そうだ、この人だった。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/9960885

この記事へのトラックバック一覧です: 5/7 『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』:

» ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 〜父性を探す旅 [シカゴ発 映画の精神医学から]
第2次大戦下のイギリス。田舎の屋敷へ疎開した四人兄弟が衣装ダンスの向 こうにある異世界ナルニア国に迷い込み冒険を繰り広げる。英国ファンタジーの傑作と言われるC・S・ルイスの「ナルニア国物語」 の映画化である。非常に美しい映画だと思った。原作は未読だが、壮大な原作の世界観をうまく映画化しているという印象である。... 続きを読む

受信: May 10, 2006 1:43:32 PM

コメント

コメントを書く