« 3/21 『TOMMY/トミー』 | トップページ | 3/26 『乾いた花』 »

2006.03.27

3/26 『サウンド・オブ・サンダー』

新宿ピカデリー2で『サウンド・オブ・サンダー』を観る。

2055年、タイム・サファリ社は、時間旅行技術を使い、客に6500万年の過去で恐竜ハントをさせていた。同社に雇われている生物学者のライヤー博士(エドワード・バーンズ)は、その行為の危険性は認識していたが、5分後に火山噴火によって死ぬ運命にある恐竜に限定して狩りをすることで、そのリスクを最小限に抑えていた。だが、ある日のハントでトラブルが起こった。彼らの銃が故障してしまったのだ。命からがら過去から戻って来た一行。だが、その翌日から街に異変が起こり始めた。彼らは過去の“何か”を変えてしまったのだ…。

レイ・ブラッドベリ原作、ピーター・ハイアムズ監督作品。
ハイアムズが終わっちゃってることなんて百も承知なんだけど、それでも観てしまうんだよね。もう二度と、『カプリコン1』『シカゴ・コネクション/夢みて走れ』みたいな映画なんて作れないことを知ってるのにね。

で、予想通りガッカリでした。実に凡庸。
ストーリーが破綻してるとか、ツッコミドコロ満載とか、そんなことでツマンナイっつってる訳ではない。昔のハイアムズ映画は、ストーリーが破綻していても、アクションシーンが冴えまくる監督本人による撮影が見せ場だったのに、最近の作品同様に本作でも撮影にキレがない。『密殺集団』の納屋での格闘、『プレシディオの男たち』のチャイナタウンを駆け抜けるシーン、『シカゴ・コネクション』の高架上でのチェイス等々、あんなに魅力的な撮影が出来たのはなんだったんだろう?年取ったから、もうムリなのかな?
今回だって、“ヒヒザウルス(勝手に命名。スタン・ウィンストンっぽいデザインがイケてない)”とのおっかけっこやバトルなんて、昔ならもっとカッコよく処理しただろうにねぇ。

それとこの映画で頂けないのはCG処理の拙さだ。エドワード・バーンズが歩くシーンで、背景に映っている未来都市のあからさまな合成なんて、最近のレベルではない。製作中に制作会社が倒産したり、色々とあったらしいけれど、これはちょっと…ねぇ?

未来世界のデザイン自体も、「なんだ、この『ブレードランナー』もどきの自動車の群れは?!」…とか思ってたら、シド・ミードの会社がデザインしてやんの。本人が噛んでんのに、すげぇパチモン臭ぇ…。

それにしてもベン・キングスレーだよ。ホント、作品選択眼がないんだか、運がないんだか、年々フィルモグラフィがシンドイ状態になっていくね。この次が『ブラッドレイン』だって?ダメだろうな、きっと。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/9278251

この記事へのトラックバック一覧です: 3/26 『サウンド・オブ・サンダー』:

» 『サウンド・オブ・サンダー』 ☆今年22本目☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜から]
『サウンド・オブ・サンダー』公式サイト:http://www.sot-movie.jp/原題:A SOUND OF THUNDER製作:2004年アメリカ/ドイツ監督:ピーター・ハイアムズ出演:エドワード・バーンズ/キャサリン・マコーマック/ベン・キングズレー/ジェミマ・ルーパー/デヴィッド・オイェロウ...... 続きを読む

受信: Mar 29, 2006 6:39:55 AM

» 『サウンド・オブ・サンダー』 2006・3・26に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記から]
『サウンド・オブ・サンダー』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 2055年、人類はタイムトラベルに成功していた。金持ち相手に、6500万年前への恐竜ハンティング・ツアーも行われていたが。生還した後、現代に急激に、劇的な異変が起こりはじめる・・・・・・・・・・・・ ●コラム 管理人は、SF好きです。空想SF小説も子供の頃は、よく読んでおり空想のイマジネーションが広がり楽しかった。CGの進化で、驚異のVFXが可能になり、最近のSF映画でも作り手の味付け具合を多いに楽しんいます ... 続きを読む

受信: Apr 5, 2006 12:38:43 PM

コメント

コメントを書く