« 映画酒場開業日記始めました | トップページ | 3/19 『イーオン・フラックス』 »

2006.03.20

3/19 『The Who's TOMMY』

新宿厚生年金会館で『TOMMY』を観る。

父親の殺人を目撃したことをきつく口止めされた少年トミーは、それがトラウマとなり三重苦=視覚・聴覚・会話を閉ざしてしまう。両親は息子を必死に直そうとするが、何をしても彼の感覚は戻らない。そしてある日、彼はピンボール台に触れたことで、天才的ピンボーラーになるが…。

言わずと知れたThe Whoのロックオペラ『TOMMY』の舞台版である。
The Whoのファンではないし、熱狂的ロック・ファンだったりもしないのだが、ロック・オペラとか、ロック・ミュージカルってのにはなんだか惹かれるのだ。変態屋ケンちゃんの撮った映画版も嫌いじゃないしね。

昨夏に観たQueenの『We Will Rock You !』もなかなか楽しかったけれど、やはり元がシッカリしている(?)のと、キャストの演技力&歌唱力が上なので、どうしたって『TOMMY』に軍配が上がる。音楽的にはQueenの方が好きなんだけどね。
物語の基本線は、映画と同じ(だと思うけれど、映画版がウロ覚えなんだよな)で、陰惨と言うか暗い話である。映画版のドラッグ映像みたいなものもないし、舞台ではピンボールの上手さもなかなか表現しにくい。だけど生でコーラスする『Pinball Wizard』はメチャメチャカッコ良く、オリジナル版も映画のエルトン・ジョン版も好きだが、それとはまた違うミュージカル・ソングとしてのカッコ良さを見せつける。

2階席には空席も結構あったり、公演として成功だったのかどうかは微妙だけれど、今日は楽日だったこともあり、リピーターのお客さん(かなり年齢層高めだ)も多くて劇場は大盛り上がり。いやぁ、観に行って良かったっス。

ところで、もらったチラシの中に気になるものを発見。
ひとつは『エドワード・シザーハンズ』のダンス・ミュージカル版。もうひとつは『TANZ DER Vampire』である。
前者は説明の必要もないだろうが、問題は後者。ポランスキーの『吸血鬼』をドイツで舞台ミュージカル化した物なのだが、オレはこのドイツ・キャストのアルバムを既に何度も聞いている。実はこれ、大好きなジム・スタインマンがやっているのだ。ただ、省エネ作曲家のスタインマンらしく、アリモノをちょっとアレンジした楽曲ばっかりではあるのだが…。これがドイツ・キャストの来日公演なら、ためらわずに行くんだけど、日本版なんだよな~。どうしよう?

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/9169722

この記事へのトラックバック一覧です: 3/19 『The Who's TOMMY』:

» Can you hear me? [ひびのきおくから]
お日様は心地いいですけれど風がひどいですね。 強風は「春が近いしるし」なわけですが、 バス停で10分バスを待つ間に風に煽られて何度よろけたことか・・・ 続きを読む

受信: Mar 20, 2006 3:05:01 PM

コメント

コメントを書く