« 3/19 『The Who's TOMMY』 | トップページ | 3/19 『ハーヴィー・クランペット』 »

2006.03.20

3/19 『イーオン・フラックス』

新宿スカラ1で『イーオン・フラックス』を観る。

新種のウイルスにより人類の99%が死滅した近未来。科学者トレバー・グッドチャイルドが開発したワクチンでなんとか生き残った500万人は、隔離都市ブレーニャで平和な生活を送るようになり400年が経っていた。グッドチャイルドの子孫たちによる政府に疑念を抱いたレジスタンス組織「モニカン」は、グッドチャイルド暗殺のため、イーオン・フラックス(シャーリーズ・セロン)を送り込んだが…。

ピーター・チョンによる原作アニメは何話か観ており、それなりに面白いと思っている。シャーリーズ・セロンのファンで、『ガール・ファイト』もそこそこ面白かった。おまけに製作がゲイル・アン・ハード…。これはどんなに評判が悪くったって、オレとしては観に行かない訳には行かない映画だ。

期待しないようにしながら、期待して観る。イマイチ…。

大したことない話を、もって回ってひねくり回した印象が強い。
イーオンの“バカバカしくもスカっとカッチョイイアクションを観たかったのに、アクションは予想よりも少なく、編集とカメラのキレがイマひとつだ。バストアップとかなり引き気味の画が多くて、どうも画作りのテンポが乗ってない。シャーリーズ自体がアクション向きの女優でないから、きちんと顔の見えるバストアップと、全部CGで作れるロングに偏り、本人だと認識出来つつ、かつアクションをカッコよく見せるカットが上手く作れていないためだろう。監督が女性なので、オトコがカッチョイイと思う強い女を描けないのかもしれない。カリン・クサマは、『バーブ・ワイヤー/ブロンド美女戦記』でも観て研究して欲しいもんだ。
それでもシャーリーズ・セロンが美しかったら良かったんだけど、お色気衣装は多いものの、あんまり綺麗に撮れていない。彼女はもっと魅力的に撮れる女優だと思うんだけどな。

ギミック類は、原作アニメでも使ってたものが多く、なかなか楽しかったんだけどねぇ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/9173067

この記事へのトラックバック一覧です: 3/19 『イーオン・フラックス』:

» 「イーオン・フラックス」アカデミーご祝儀映画 [soramoveから]
「イーオン・フラックス」★★★ シャーリーズ・セロン主演 カリン・クサマ監督、2005年アメリカ 未来は本当に希望の無い社会なのか、 映画や小説で描かれる世界は ほとんどが希望的観測より 暗い未来が多い。 アカデミー主演女優賞を手にして シャーリーズ・...... 続きを読む

受信: Apr 5, 2006 11:25:21 AM

コメント

コメントを書く