« 1/4 あけましておめでとうございます | トップページ | 2/3 『アンチェイン UNCHAIN』 »

2006.02.03

2/2 『悲愁物語』

香港版DVDで『悲愁物語』を観る。

服飾業界の広告合戦が激化する中、日栄レーヨンの広告を担当する田所(岡田真澄)は、美人プロゴルファー・桜庭れい子(白木葉子)に目を付けた。まずはれい子を女子プロゴルフ・チャンピオンにするために、ゴルフ雑誌編集長でれい子の恋人でもある三宅(原田芳雄)に特訓を頼んだ。日夜続く特訓の甲斐あって、れい子は全日本女子プロゴルフ選手権で優勝を勝ち取った。れい子は一躍売れっ子にになり、テレビの司会までもこなすようになった。だが、そんな彼女を快くは思っていない人々もいた…。

初めて観たけど、狂った映画だねぇ~!
前半はあんまり清順らしさもなく、ちょっと変わった“スポ根もの”程度に見えるんだけど、途中からどんどん話がヘンな方向に。コレってなんの映画なんだろう?清順らしからぬスポーツ映画の雇われ仕事かと思いきや、ゴルフしてる場面なんて中盤以降は全くない。きっと詳しく書かない方がいいんだろうな。ある種『幻の湖』的なトンデモ映画でもあるから、観るまで絶対に物語は知らない方が面白いだろう。

で、そのトンデモ方面に流れ始めた辺りから、話もスゴイが描写も凄いことになって行く。清順演出が徐々に、だが確実に炸裂し始める。クルマではねられる人間とクルマから飛び出そうとする女の有り得ない描写、ピントを合わせ切らないピン送り、TVサイズにトリミングされたら登場人物が全く映らない画角、変化するマニキュアの色、不思議な構造の家、奇妙なライティング、etc、etc…。

『殺しの烙印』で干されて、10年ぶりに撮った本篇でこんなのを作っちゃうんだから、清順さんは本当に驚くべき人だ。会社にも大衆にもまったくおもねる所がない。やりたいようにやってるだけ。マジで驚いた。

それにしても江波杏子の恐ろしいことと言ったら…。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/8478253

この記事へのトラックバック一覧です: 2/2 『悲愁物語』:

コメント

このDVDは、ヤフオクで香港在住の方から入手しました。価格は正確には覚えていませんが、3千円以下だったと思います。
一応正規品のようなのですが、マスターに何を使っているのか、相当画質は悪いです。

お譲りすることは出来かねます。申し訳ありません。

投稿者: 雷電 (Mar 25, 2006 1:52:47 PM)

すみません、この「悲愁物語」香港版DVDをどこで入手されたのですか?また、おいくらですか?是非購入したいので、方法を教えてください。または、お売りいただいても結構です。どうぞよろしくお願いします。

投稿者: 土間 (Mar 25, 2006 1:14:34 PM)

コメントを書く