« July 2005 | トップページ | October 2005 »

2005.08.15

8/15 『サイレント・アイズ』読了

『サイレント・アイズ』(ディーン・クーンツ著/講談社文庫刊)読了。【ネタバレあり】

人もうらやむような幸せな夫婦。その夫ケインが衝動的に愛妻を殺害した。同じ頃、アグネスは、交通事故で夫を失うと同時に、聡明な子バーソロミューを出産した。そしてサンフランシスコでは、レイプされた十代の少女が、1人の女の子エンジェルと引き換えに命を落とした。一見何の繋がりもない3人の運命が、池に投げた小石の波紋のように広がり、互いに影響を与えていく…。

クーンツ版『ペイ・フォワード』とでも言いましょうか。
1人の人間が為したことが、静かに確実に他のものへ影響を与えていく。第六勘小僧が提唱した「毎日誰かに1つ善い事をすれば、やがて僕らはみんな幸せ」の“幸せネジュミ講”の法則を活かした物語である。ただし、これはクーンツ作品なので、悪いことをしたら悪い影響も広がって行く。考えてみれば、『ペイ・フォワード』で第六勘小僧があっけなく死んでしまうのは、この“邪のペイ・フォワード”に呑みこまれたのかもしれない。そう考えたら、最終的に“正”が勝つ『サイレント・アイズ』よりも、はっきりと描いていないだけである意味では“邪”が勝ってしまう『ペイ・フォワード』の方がよりダークなのかもしれない。(あんなツマンナイ映画のことはどうでもいいんだが…)

ひとつの出来事がより大きなものに静かに波紋を広げていく。その考え方自体は分からんではない。だけどこの物語では、それがあまりにもご都合主義的に繋がって行くのが残念だ。クライマックスのあたりなんて、あんまりにもムリヤリ過ぎだよな。ここを巧く処理できれば(そりゃ神業だろうけど…)、すごい傑作だったのかもしれない。

ところで、久々に読んだク-ンツは、以前とは随分と違う印象である。アップテンポにページを繰らせるテクニックこそ変わらないものの、最大の違いはエピローグがあること。これまでは物語が終る=犯人(ないし悪)が倒される------でチャンチャン!と終わるのがク-ンツ流だった。初めてクーンツを読んだ時は、余韻もへったくれもない、あまりにも拍子抜けするアッサリしたラストに戸惑ったものだ。だが本作では、バーソロミューやエンジェルたちの後日談がたっぷり描かれる。一体どんな心境の変化があったのだろう。歳を取って、余韻が欲しくなったのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.14

8/14 銀座「Favori」&「夢酒 みずき」

今日はアッキー、ウッチー、KimiさんHekutinさんと久々に呑み会。

でも、その前に時間があったので、銀座「Favori」に寄ってキャンペーンを完了させることにした。数日前に新宿の「Frigo」でやってたキャンペーンの続きだが、内容は至って簡単。新宿、銀座、渋谷の系列3店舗のうち2店舗以上で、各2種類以上のトラピストビールを飲んで、スタンプを貰ってくればいい。3店舗回ればより良い景品がもらえるが、渋谷に行く予定はないので2店でいいや。

「Favori」は、銀座って言っても結構外れの方にある。初めて来たので、ちょっとウロウロと迷ってしまった。店の雰囲気は「Frigo」よりも少し落ち着いてアダルトな感じ。お客さんも若干年齢が高そうだ。時間潰しも兼ねて入ったので、2杯だけノルマ(笑)のトラピストビールを飲む。ああ、美味しい。で、キャンペーンのグラスを貰って店を出る。

予約していた「夢酒みずき」へ。
なんでここを予約していたかと言うと、それは40種類の焼酎・泡盛・梅酒が飲み放題の“飲み物バイキング”なんぞという素敵なコースがあったからだ。呑ん兵衛の俺たちゃあ、美味いモンももちろん喰いたいが、美味い酒をガバガバ呑めることが重要。へぇぇ、こんな酒も出して、この値段でバイキング出来るんだぁと感心しながら、カッパカッパと焼酎を呑み続ける。おかげでベロベロですよ。この面子で呑むと毎回酩酊しますな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.13

8/13 『待ち伏せ』

石川ひとみの…じゃなくて、米版DVDで『待ち伏せ』を観る。

天保年間。三州峠で待てとだけ言われて雇われた用心棒の鎬刀三郎(三船敏郎)は、旅の途中で助けた女おくに(浅丘ルリ子)を連れて峠へと向かった。峠の茶屋には、徳兵衛(有島一郎)と娘お雪(北側美佳)、そして玄哲(勝新太郎)と名乗る医者くずれの居候が住んでいた。茶屋には渡世人の弥太郎(石原裕次郎)が立ち寄り、さらには盗人の辰とそれを追う役人の伊吹兵馬(中村錦之助)も転がり込んで来た。一体この峠で待つと何が起こるのだろうか…?!

信じられないほど豪華な配役による犯罪時代劇である。
ミフネ、裕次郎、勝新、浅丘ルリ子、錦之助と、東宝、日活、大映、東映の看板スタアが揃い踏みである。これも五社協定が消滅した70年の作品ならではである。

監督、俳優らの自由を束縛するものとして悪名高い“五社協定”ではあるが、一概に害悪ばかりとは言い切れない。それは各社が各社のスタアを育てたことである。現在のように、どこの会社の作品に誰でも参加出来るのは、確かに選択の自由があっていいことだが、逆に言えば、人気のある人ばかりが起用され、右を向いても左を向いても同じ人ばかり出ていることになってしまう。数多くのスタアが誕生しないのだ。五社協定の時代には、同じ位の格の人気役者さんが各社なりのカラーを持って存在していた。だからその規制がなくなった時に、百花繚乱、豪華絢爛な配役による本作のような映画が作れたのである。今の時代、これだけカラーの違うスタアの揃う映画なんて作れない。

さて、つい配役に目を奪われてしまうが、映画自体もなかなか面白い。
三郎同様、観客自身も三州峠で何が起こるのかが全く分からないまま、物語は進んで行く。果し合いか、合戦か、ご禁制の品の受け渡しか。一癖も二癖もある連中----いかにも胡散臭い玄哲が何かやらかすのか、それとも渡世人が鍵を握るのか、はたまた影のある女こそが黒幕なのか?ネタバレしちゃあいけないほどのサプライズではないが、観ている方もワクワクドキドキできる作品だ。

それにしても、刀を使わないミフネはサマにならない。劇中、裕次郎と殴り合いの喧嘩をする場面があるのだが、これがおよそ迫力がない。おまけに殴り合いの後は
「おぬし…、なかなかやるではないか」
「…そっちこそな!」
「アッハッハッハ~!」
と、あんまりにもベタな展開が待っている。いや、70年の映画だからいいっちゃあ、イイんスけどね。

“ソガくん”として有名な元多岐川由美のダンナ、阿知波信介と、ガス人間こと土屋嘉男が出ているのも、特撮くんとしては抑えておきたい映画である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.12

8/12 歌舞伎町「チュンポン」

毎年恒例のHロシ帰郷。
最近は、浅公とクールも殆どこの飲み会に顔を出す事はないので、いつものごとく消防士と甘栗男と俺で迎え撃つ。

行った先は、歌舞伎町奥のタイ料理屋「チュンポン」
およそ怪しい雰囲気の店ではあるが、やっぱりここは本格的なタイ料理で美味い。ヤムウンセンの遠慮のない辛さがいいよな。
タイ料理好きの俺や甘栗は平気でパクパク食ってるが、消防士とHロシは多少抑え気味。タイ料理、美味いのになぁ~。

今日は店同様に怪しいタイ人の女の子も居ない。あの娘は一体なんだったんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.11

8/11 歌舞伎町「台南担仔麺」&新宿「イーグル」

久々にクールに会い、久々に「台南担仔麺」に行って台湾料理を食い、久々に「イーグル」で酒を飲んだ。たっぷり喰って、そこそこ呑んだ。イーグルの安さはやっぱりスゲェと感心した。久々ついでに久々にカナディアン・ウイスキーを呑もうと思ったが、何故か品切ればかり。残念。クラウンローヤルなんてのを久々に呑みたかったんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.09

8/9 西新宿「Frigo」

K尾君が話があるってことで、久々に西新宿の「Frigo」へ行ってみた。

現在、トラピストビールのキャンペーン中だそうで、渋谷「ベルゴ」、銀座「ファボリ」を回って、トラピストビールを飲むと賞品がもらえるらしい。う~んどうしようかなぁ。
それにしてもこの店は、「ベルギービール・パスポート」とか、そう言うイベントを編み出すのが上手いねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.06

8/6 『The 地球防衛軍2』(PS2)

『The 地球防衛軍2』(D3パブリッシャー/PS2)をプレイ。

地球に飛来した巨大円盤。そこから次々と現れる巨大昆虫たち。迎え撃つ地球防衛軍----

----と言うことで、大好評の前作と大して変わらない内容だが、低価格のSimple2000シリーズなのであまり高い要求をしても仕方がない。前作から流用している背景やキャラモデルも多いが、空気感や光などの表現が随分と良くなっている。おかげで画面全体の印象はかなりアップ。新規要素は、自キャラとしてジェットパックを背負った女が使えるようになり、巨大羽蟻、巨大蜘蛛が登場するようになっている。前作同様に処理オチの激しい場面があるのが残念ではあるが、ボリュームも尋常じゃないし、特撮好きのアクションゲーム好きなら絶対にやっておいて損のない1本。やるべし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.05

8/5 『スタスキー&ハッチ』

借り物DVDで『スタスキー&ハッチ』を観る。

ベイ・シティのカタブツ刑事デビッド・スタスキー(ベン・スティラー)は、その性格ゆえにしばしばやり過ぎてしまう。そんな彼が新たにコンビを組まされたのは、いい加減なケン・ハッチンソン刑事(オーウェン・ウィルソン)。2人は殺人事件の捜査をするうち、巨大な麻薬取引の陰謀に突き当たるが…。

ベン・スティラーの『ズーランダー2』…ぢゃないんだけど、でもこりゃあ『スタハチ』ってよりも『ズーランダー』だよな。
世代的には『スタハチ』に思い入れの強い人も多いけど、オレはあんまり思い入れがない。当時のTVシリーズだったら、『爆発!デューク』(こっちのリメイクも日本公開はないんだろうなぁ)のくだらなさ加減の方がツボだったし、それ以上に『超人ハルク』とか『透明人間ダン』(これDVD出ないのかな?出ないよな…)とかのSF系の方が好みだ。
だからリメイクが決まった時、『スタハチ』好きのカミさんが「ベン・スティーラーがスタさんを演るなんてユルセン!」とか言ってても、別になんとも思わんかった。で、やっと観てみたら、最近のリメイクものの中では良いデキなんじゃない?下手に真面目に作って、熱狂的なファンから総スカン(『サンダーバード』のように!)を食うよりも、オマージュを捧げつつ、バカなパロディに仕立てたのは上手いやり方だ。これならファンも目くじら立てられないんじゃないの?だってこの映画を大真面目に批判したら、その人の方がバカに見えちゃうってぇもんだ。ベン・スティラーはアタマがいい。
ちなみにカミさんも、スティラーの“なりきりスタスキー”に大爆笑してたから、熱いファンもきっとOKな出来なんだよ。例えスタスキーが必殺技“マグナム!”を披露してもね(笑)。

特典映像の“やらせメイキング”----如何にヒドイ現場で、あいつらとは2度と仕事をしたくないか----は、最初の内は可笑しいんだけど、ちょっとクドイ。この辺りもスティラーの芸風に近いもんがあるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/5 『アイランド』

丸の内ルーブルで『アイランド』を観る。

大気汚染によって屋外で住めなくなった近未来。全てが管理された空間で快適に暮らすリンカーン・2・エコー(ユアン・マクレガー)たちの夢は、地上で唯一汚染されていない楽園“アイランド”へ移住する抽選に当たることだった。だが、リンカーンは何故か日々悪夢を見るようになる。そして彼は、汚染されたはずの外界から換気口を通って入ってきた蛾を見て、疑念を抱くようになる…。

映画は冒頭、一瞬だけ『THX1138』風に始まるんだが、何故かあっという間にストイックさに欠ける展開になってしまう。(マイケル・ベイにストイックさを求めても仕方がないが…)
で、その後はどこかで見たような内容と映像ばかり。
クローンが沢山並んだ部屋は『マトリックス』と『コーマ』を足したようなイメージだし、管理都市の中で走る場面は『ソイレント・グリーン』を思わせるし、全般的に『シックス・デイ』にもよく似てる。外界に出てからの見せ場はカーチェイスになっちゃって、てんでSFでもなんでもない。半重力だか、リニアモーターだかで走る列車とか、空中をブイブイ走るエアバイクとかはSFガジェットとして悪くないけど、それ以外の街並みも自動車も、現在のものばかり。時代設定はいつなんだろうね、この映画?

全世界大コケの肩透かし超大作。今回ばかりはマイケル・ベイも大失敗。いや、作品的にはいつも大失敗だけど、興行的には強い監督だったのにねぇ。
ま、この内容じゃあ仕方がない。最大の謎であるはずの、“主人公たちがクローンだった”ってことは、既に宣伝で言ってしまっているから全くサプライズがないしな。

ところで、この映画の時代設定が西暦2019年になっていることに意味はあるのか?2019年と言えば、『ブレードランナー』と同じ年。もしかしたらレプリカントが自我を持つのとクローンが自分の存在意味に気付くのを引っ掛けてるのかもしれない。もしそうだとしても、マイケル・ベイにそんなトンチの効いたことが出来る訳はないので、きっと脚本家がやってるんだろう。
大体、マイケル・ベイがSF撮るってこと自体、ムリなんだよな。え、『アルマゲドン』?
いやぁ、アレは宇宙ガテン映画であってSFじゃないでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.04

8/4 『新座頭市物語 笠間の血祭り』

米版DVDで『新座頭市物語 笠間の血祭り』を観る。

生れ故郷の笠間宿へ帰って来た市。育ててくれた乳母のオシゲ婆さんは既になく、市を覚えているのは陶工の作兵衛(志村喬)のみ。そこへ江戸で成功した米問屋の常陸屋新兵衛(岡田英次)も帰って来た。2人は幼なじみで一緒に西瓜を盗んだ仲だったが、新兵衛は見向きもしない。新兵衛は、凶作で年貢を納められない村人の代わりに、金で不足分を払ってくれるというので、名主の庄兵衛(土屋嘉男)らは大歓迎する。だが、新兵衛の本当の目的は、村の石切り場の利権だったのだ…。

とりあえずのシリーズ終了になる第25作は、大映時代から通算6本を手掛けている安田公義監督作。

前提として最終作だったのかどうかは知らないが、エピソードとしてはいかにも最後を飾るのに相応しく、市が故郷に帰って来る。だが、誰も市のことなど覚えてはいない。そんな中で市が心を通わせるのは、作兵衛と作兵衛の家事を手伝っているおみよ(十朱幸代)だけである。このおみよが、市と同じおしげ婆さんのお乳を飲んで育った最後の子供なのだ。情感としては非常に巧い設定なんだけれど、おしげ婆さんは乳母として、一体何年間、何人にお乳をやっていたんだろう、と素朴に疑問に思ってしまった。

本作は、後期シリーズには珍しい重いトーンに支配されている。幼馴染みが悪人になっていたことに由来するこの重さは、実兄や師匠等、斬ってはいけない人を斬らなければならなくなってしまう、シリーズ初期の重さに似ている。コメディ・リリーフとして設定されていたであろう岸部シローらのフーテンも斬られ、最後の戦いはなんとも悲愴なものになる。だが、この悲壮感があるからこそ、最後が盛り上がる。これまで1作で数回の立ち回りがあるのがこのシリーズの常だが、今回は途中での立ち回りが殆どなく、最後の戦いにのみ集約されていく。抑圧され、耐えに耐えた市の冴え渡る仕込みの鋭さがカタルシスを生み出す。
派手に飛び散る血飛沫は、リアリティはないけれど恐ろしいほどの迫力を持っている。特にクライマックスで代官の佐藤慶の喉笛を掻っ切る場面は絶品!思わず巻き戻して見直してしまった。
やはり安田公義は巧い。抜きん出た作家性のある監督ではないけれど、確実に面白いものを作る職人監督である。

本作をもって一旦“座頭市映画”は終了し、勝新はTVで座頭市を展開していくことになる。そして86年に本当に最後となる映画版を製作することになる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.01

8/1 『チューインガム・ウィークエンド』読了

なかなか本屋に置いてないので、とあるバーテンダーさんに借りて『チューインガム・ウィークエンド』(国領雄二郎著/文芸社刊)を読んだ。

人気のインディーズ・バンド「チューインガム」の3人のメンバー、マネージャー、事務所の社長、ヴォーカルの別れた彼女、ベースと同棲をする女。2枚目の外科医と2人の看護婦、代理店クリエイターと外注デザイナー、そして陽の光に当ることが出来ない見習いバーテンダー。みんなそれぞれの思惑があり、それぞれの悩みを抱えていた。青山のとあるバーを起点に「チューインガム」のライブに向かって交差していくそれぞれの人生…。

13人の登場人物たちの気分は、分からないではないんだけどね。でも、オレはこの気分に素直に共感する年代は通り過ぎちゃってるんだなーって、改めて自己認識してしまった。
特にバンドの3人。
みんなでメジャー・デビューしたいって夢も、おまえなんかどんなガンバッタって才能ねぇんだからムリだよって思う傲慢さも、いつまでもバンドなんてやってないで落ち付こうって諦感も、なんかみんな分かるけど、どれもみんな分かりたくない。そんな風に三人三様で思ってるのに、結局のところは脅迫観念みたいに女の幻影ばっかり追っかけてる気分は理解しがたいし。
13人って登場人物の数もちょっと多過ぎだ。きっと13人に意味があるんだろうけれど、4グループ13人が、同じライブで偶然交錯するのはどうなんだろう?さながら阪本順治の映画のごとく、偶然に偶然が重なって行く。2時間の映画でも気になる時があるのに、それよりも付き合う時間が長くなる小説では、もうちょっと偶然を抑えておかないと厳しい。もう少し人数を整理してあれば、カタルシスになったかもしれない。
大人になりきれてない、今の時代の30代の気分はよく出ている小説だとは思うけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)