« 7/9 『ダニー・ザ・ドッグ』 | トップページ | 7/9 『怪傑ズバット』#14 »

2005.07.09

7/9 『スペース1999』#17

第17話「宇宙墓場の怪獣現わる!」
幻覚に襲われたトニー・チェリーニが、イーグルを奪って発進しようとし、コーニッグに捕らえられた。トニーは昔、惑星ウルトラへ調査隊として派遣されたことがあった。そこは大量の宇宙船が浮かぶ宇宙の墓場になっており、調査のためにドッキングした宇宙船の中で怪物に襲われたクルーは全滅。トニーだけが生還したと言う過去があったのだ。そして今、アルファの前に宇宙の墓場が現れ、その中にはかつてのウルトラ調査船の姿もあったのだ・・・。

『サンダーバード』は、児童用書籍用に撮り下ろされたスチルのせいで「怪獣が出てくる番組だった」と誤解されることがよくある。『スペース1999』も同じように、よく番組紹介に使われているのがこのエピソードのモンスターの写真なので、勘違いされることが多いようだ。ホントは怪物なんてほとんど出て来ないシリーズなのにね。
ギラギラ光るデッカイ一つ目(?)にメデューサのような触手。いかにも西洋的な怪物だ。

宇宙の墓場に巣食う怪物。----モチーフだけを取り出せば『ウルトラマン』の「怪獣墓場」みたいな話だが、もちろんそんなウェットな話にはならない。どちらかと言えば、「それでも私は“そこ”に行った」と語っても、誰にも信じてもらえない『コンタクト』のジョディ・フォスターみたいな話。だから、今回はこの怪物が本当に存在したのかどうかが、物語のポイントである。だが、それが存在したからと言って、その存在理由が明かされる訳ではない。なんてったって、これは『スペース1999』の世界だから。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/4903941

この記事へのトラックバック一覧です: 7/9 『スペース1999』#17:

コメント

コメントを書く