« 7/29 激しく寝過ごす… | トップページ | 7/31 『みんな大好き塊魂』(PS2) »

2005.07.30

7/30 『WE WILL ROCK YOU』

新宿コマ劇場で『WE WILL ROCK YOU』を観る。

西暦2046年、地球ではロックが禁止され、全ての楽器は破棄されていた。グローバルソフト社のCEOであるキラークイーンは世界を牛耳り、ありとあらゆるものをコントロールしたガ・ガ・ワールドを作り上げていた。そんな中、ガリレオ・フィガロは自分の頭に浮かんだ奇妙なメロディを歌い始める。ガリレオとスカラムーシュは与えられた音楽ではなく、自分たちの歌を作ろうとし、隠された伝説の楽器“ギター”を求めて旅立った…。

いやあ、実にサックリと薄っぺらな物語である。
「音楽が禁止された世界で、音楽と自由を取り戻すために戦う」----これによく似た物語って、一体どれくらいあるかな?『ロックン・ルール』とかはモロに同じだし、ほかには何があったかな~?!思い出せないけど、ホントにいっくっらでもあるよね、ドモアリガット、ミスターロボット。
だからツマランとか言っているのではない。こんなにありふれた、手垢つきまくりの物語にもかかわらず、観客が一体となって盛り上がる。凄いぞクイーン。クイーンの名曲の数々をあらためて“名曲”だったと再認識させられた。

ただ残念だったのは、ヘンな日本向けリップ・サービス。
「ロックの偉大な先人たち」として様々なロック・ミュージシャンの写真が出てくる場面があるのだけれど、そこに尾崎豊やhideの写真が混じっている。尾崎やhideが偉大な先人かどうかはさておき、少なくともクイーンのメンバーが知っているとは思えない。さらに、「この服は“コナカ”で買った」なんて台詞は要らねぇだろう。きっと海外公演用パッケージとして、シナリオに組み込まれているんだろうな。
それ以外の部分では客いじりも上手いし、ステージ両サイドのオーケストラ・ピット(バンドピットとでも言うのか?)のメンバーが突然スポットライトを浴びたり、構成もなかなか面白い。

ちなみに生まれて初めて入ったコマ劇場は、ロック仕様に改装されていて、演歌歌謡ショーをやる空間ではなくなっている。この『WE WILL ROCK YOU』の公演が終了したら、元に戻すのかな?

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/5268475

この記事へのトラックバック一覧です: 7/30 『WE WILL ROCK YOU』:

コメント

コメントを書く