« 6/4 『座頭市御用旅』 | トップページ | 6/6 『Ray Harryhausen The Early Years Collection』 (Disc1) »

2005.06.05

6/5 『Godzilla: Save The Earth』(XBOX)

『Godzilla: Save The Earth』(XBOX)----日本版は『ゴジラ怪獣大乱闘 地球最終決戦』のタイトルでPS2版のみ出ている----をプレイ。
ムッシュ・カゴタニからもらったGC版の『ゴジラ怪獣大乱闘』はちょろっとプレイしていたが、これはその続編…っつーか1.5(?)って感じの内容だ。

前作では、ゴジラ(90)、ゴジラ(2000)、アンギラス、メガロ、ガイガン、キングギドラ、メカキングギドラ、デストロイア、ラドン、機龍メカゴジラ、オルガと、全部で11匹だったのが、今回は20匹に増えている。具体的には、エビラ、ジェット・ジャガー、モスラ(多分平成、戦闘中にチョココロネから蛾に変態)、バトラ、平成メカゴジラ、スペースゴジラ、モゲラ2、メガギラス、バラゴン(多分GMK)。
ウワァァ…ビミョウなセレクション…とか思ったが、よくよく考えたらゴジラ・シリーズの怪獣には、もうマトモなヤツはあんまり残ってないじゃん。キングコング(これは版権上ムリだろう)、バラン、マンダ、ゴロザウルス、ミニラ、ガバラ、カマキラス、クモンガ、ヘドラ、チタノサウルス、キングシーサー、ビオランテ、USゴジラ、モンスターX(カイザーギドラ)で終わりだ。アレ?そう考えると、なんで平成『モスラ』のバトラが入ってるんだ?そんなの入れてOKなら、オリジナル・モゲラとかゲゾラとかバランを入れた方がインパクトがあるんじゃないのかなぁ。さらに基本的なことだけど、64年のオリジナル・ゴジラが居なかったり、昭和メカゴジラが居ないってのがまずハズしてるよなぁ。

ゲーム自体の内容は、前作を引き継いで“大味感”漂う洋ゲーである。1Pから4P対戦まで対応して、街を破壊しながら敵怪獣を倒していくのが基本。さらに今回は妙なミニゲームが幾つか入っているが、どれもこれも操作性に難アリ。ボールを投げてリングに入った点数を競う「怪獣バスケット」なんて、本当に勝てるんでしょうか?このバランス感覚のなさは、作ってるのが欧米人なんで仕方がないか。
ま、ジェットジャガーの大きさが変わる驚きの必殺技が入ってたりする辺りの奇妙なマニアックさ加減には笑うが。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/4438221

この記事へのトラックバック一覧です: 6/5 『Godzilla: Save The Earth』(XBOX):

コメント

コメントを書く