« 6/11 第2回手作り餃子 | トップページ | 6/13 西麻布「chaos」 »

2005.06.12

6/12 『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』(PS2)

今さら?『ドラクエ8』(PS2)を始める。
定価は高い(なんと8800円だ)し、大量に売れるだろうしってことで、ちょっとタイミングをズラして値崩れを待っていたのだよ、ハッハッハッ(セコイ…?)。

パッと見の印象としては、凄く丁寧に作られてはいるけれど、やっとPS2発売から1年後のRPGってくらいの印象。以前に堀井御体が「ゲームはグラフィックじゃない」みたいなことを言ってはいたけど、ちょいと古色蒼然とした印象は否めない。実際にプレイしてみると、マップの広さとか、細かな作りこみに高度な技術が使われているんだが、派手さに欠けるためかそれが伝わらなくってもったいない。
でも、堀井雄二だけあって、シナリオはお見事な作りだ。誰でも思いつきそうなのに、誰もやっていないような気配り、ほんのちょっとしたディテールの巧さに舌を巻く。流石だなぁ。
画面的には初のフル3D。主人公の後方視点でカメラが動くのは、『ドラクエ』的でなくて違和感を感じるし、が、イマドキのRPGとしては当然の方向性だから仕方がないんだろうが、猛烈に方向感覚が狂う。。
やっつけたモンスターのヤラレ・モーションが、デロンとしているのが、キャラの雰囲気に似合わずリアルでちょっと怖くないか?いかにも“死んだ”っぽい…。

とりあえず、4時間弱、リーゼル像のところまで進んだ感想

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/4540117

この記事へのトラックバック一覧です: 6/12 『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』(PS2):

コメント

コメントを書く