« 5/8 『ドッジボール』 | トップページ | 5/10 『銀座の酒場 銀座の飲り方』読了 »

2005.05.09

5/9 『スペース1999』#15

第15話 宇宙コンピューターの反逆
月に謎の光球が接近。テッドは、コンピュータが苦手だった筈のテッドは、突然猛烈な勢いでキーボードを叩き、そのまま息絶えてしまった。やがて球体からのメッセージによって、惑星トライトンからやってきたことがわかったが、教授によればトライトンは既に滅亡している惑星であった。そして今度はヘレナが光球によって洗脳されてしまった…。

どうすれば光球に現実を伝えられるのか?珍しく理路整然(そうでもないか?)と対処するアルファの隊員たち。でも、その媒介にヘレナを使っては、負荷が高すぎるんじゃないのかな。
光球に操られてのハイスピード・タイピングが、どう見てもテキトーにキーを叩いているようにしか見えないのはご愛嬌。でも、キートップに何も刻印されていないし、それ以前にいわゆるコンピュータ用のキーボードと言うよりも、電卓用にしか見えない。時代だねぇ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/4063676

この記事へのトラックバック一覧です: 5/9 『スペース1999』#15:

コメント

コメントを書く