« 5/19 E3 2005 2日目 | トップページ | 5/16 『Shall we dance?』 »

2005.05.20

5/16 『着信アリ2』

機内映画で『着信アリ2』を観る。

杏子(ミムラ)は友人と一緒に、恋人の尚人(吉沢悠)がバイトする中華料理店で食事をしていた。その時、携帯電話から気味の悪い着メロが流れた。それはかつて多くの人を死に追いやった、“死の予告電話”と同じ着信音だった。そして予想通り、友人は奇怪な死を遂げ、今度は杏子の携帯電話にも電話が掛かってきた。尚人は杏子を救おうと、この事件を追っていたルポライターの孝子(瀬戸朝香)と共に行動を開始するが…。

前作も最後にはメチャメチャになってしまったが、中盤までの恐怖演出は上手かったし、良くも悪くも三池崇史らしいメチャクチャ映画だった。でも、今回は物語がメチャクチャな上に、ただ単に凡庸。
アジア市場を視野に入れたためか台湾へ話が飛ぶのだが、これがまずムリがありまくりだよ。前作で電話をしていた怨念はミミコだったはずなのに、それ以前から台湾で同様な事件が起きていたとか言われても、じゃあミミコはなんだったんだ、としか思わない。壊れてた映画をさらに壊してど~すんのよ。孝子の恋人が台湾人だったってのも、あんまりにもトートツだしさ。元々続編なんて考えてなかった話なのは分かってるけど、もうちょっとどうにかまとめられなかったのかねぇ。
それでも恐怖演出が頭抜けてればそれでも良かったんだが、前作よりも50%くらいのパワーダウン。怖くもなんともない。
てんでダメですな。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/4179312

この記事へのトラックバック一覧です: 5/16 『着信アリ2』:

» 着信アリ2 [怖い映画特集から]
前作「着信アリ」の恐怖はまだ終わっていなかった。 不審な着メロで着信した電話を取ると、奇妙な動画映像が---それはケータイに出た人間の死を予告する画像だった。 保育士・杏子の周囲で、この死の予告電話による不審死が続出、ルポライターの孝子は昨年の事件との共...... 続きを読む

受信: Jul 22, 2005 2:38:30 PM

» 着信アリ2 なんでミムラばかり優遇されてるの?? [Blog・キネマ文化論から]
●着信アリ2を鑑賞。 保育士の杏子は、チャイルドセラピストの勉強を始めるようにな 続きを読む

受信: Jul 25, 2005 8:29:50 AM

» 着信アリ2 なんでミムラばかり優遇されてるの?? [Blog・キネマ文化論から]
●着信アリ2を鑑賞。 保育士の杏子は、チャイルドセラピストの勉強を始めるようにな 続きを読む

受信: Aug 20, 2005 7:56:26 AM

コメント

コメントを書く