« 5/11 沼袋「Shot Bar ZERO」 | トップページ | 5/12 新宿「チュンポン」 »

2005.05.11

5/11 『真夜中の弥次さん喜多さん』

ユナイテッドシネマとしまえん9で『真夜中の弥次さん喜多さん』を観る。

ヤク中の喜多さんにぞっこんの弥次さん。そんな彼らの元にお伊勢参りのDMが届いた。弥次さんは喜多さんのヤク中を治すために、2人でお伊勢へと旅立つが…。

観ながら『発狂する唇』を思い出した。
作風が似てるとかってことではない。人気脚本家が制約とか状況とかを一切考えずに、やりたい放題やった映画な雰囲気。メチャメチャ面白い場面もあるけれど、全体的には観客のことなんか眼中になく作ったメチャメチャな映画。そんな印象だ。

話にも繋がりにも整合性なんてないが、そんなことは一切気にしていない。プロローグから竹内力までは快調なんだが、そこから後は急に失速。ツボに入る人は大絶賛するのかもしれないが、どうしてもこのカタルシスのなさが好きになれない。後半の重さもね、なんだか前半とチグハグな印象だしねぇ。

キャスティングが『下妻物語』と被ってるところも、オレとしてはマイナスだ。あっちがメチャメチャなようでいて、きちんと映画的な盛り上がりを追求してたのに、本作にはそれがないのがイタイ。宮藤官九郎って天才なんでしょ?そんだったら折角の監督デビュー作なんだからちゃんとやろうよ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/4087916

この記事へのトラックバック一覧です: 5/11 『真夜中の弥次さん喜多さん』:

コメント