« 4/2 『鉄人28号』 | トップページ | 4/3 『千年家族』(GBA) »

2005.04.03

4/3 『バッド・ボーイズ』

借り物DVDで『バッド・ボーイズ』を観る。

マイアミ市警の内部に保管してあった1億ドル相当の押収ヘロインが盗まれた。この事件が明るみに出る前に、なんとかヘロインを奪還し、犯人を逮捕しなければならない。この命を受けたマーカス(マーティン・ローレンス)とマイク(ウィル・スミス)に残された時間は72時間しかないが…。

お馴染みジェリー・ブラッカイマー&マイケル・ベイのアクション映画。もちろんこの2人の組み合せだから、中身なんてありゃあしない。クルマが映ればクラッシュし、悪人が居れば銃を撃ち、爆発物があれば爆発する。ひたすら迫力とテンポだけで押し切って行く。言ってしまえばそれだけだ。
警察署から奪われた押収ヘロインを取り戻す。その大筋の話を不必要にこねくり回して見せるが、そんなことに大した意味はない。一見カッコ良さげな、それでいて効果のないスローモーションを多用しながらドンパチを繰り返し、マーティン・ローレンスとウィル・スミスが下品な話をまくしたてて、2時間終ればスカっと爽快!「あなたの心に何が残りましたか?」(By木村奈保子)と問われれば、「いいえ、なにも」と即答出来る。それがこの映画の立ち位置である。もちろん、それが悪いなんて言う気はない。製作者の意図はまさにそこにあるのだから。

ちなみに、敵の親玉役はチェッキー・カリョ。やっぱり好きになれません、この人は。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/3553870

この記事へのトラックバック一覧です: 4/3 『バッド・ボーイズ』:

コメント

コメントを書く