« 3/8 麻布十番「永坂更科 布屋太兵衛」 | トップページ | 3/10 『スペース1999』#8 »

2005.03.09

3/9 『ウルトラマンA』#45

第45話「大ピンチ! エースを救え!」
人工衛星ジュピター2号が地上に落下することが判明。その夜、“星バカ”と呼ばれる天文少年は、ガス会社の夜警をしている父と一緒に、ジュピター2号の落下を目撃する。だが、人工衛星の残骸の形状がガスタンクと区別がつかず(なんでやねん!)、さらに父親が一杯引っ掛けていたため、悪戯だと片付けられてしまった。だが、残骸の中にはガス超獣ガスゲゴンの卵が隠されていた…。

「や~い!星バカ、星バカ~っ!」
ヒドイことを言う子供たちですな。
それはさておき、このシリーズは初代マンやセブンと違って、まず“人ありき”で進んでいくエピソードが多く、事件はその人の周りでたまたま起こることが多い。今回も、星バカ君が他の子供たちからウソつき呼ばわりされて、それを北斗だけが信じる----なんて展開になりそうなのに、珍しくTACの対超獣作戦が展開される。ガイガー・カウンター風の機器で超獣の存在を確認する吉村、危険を避けるため他のガスタンクからガスを抜く今野、街中でガス爆発を起こすわけには行かないと、ゴールデンホークの使用をやめる竜隊長。なんだかいつもとは一味違う硬派な雰囲気だ。もっとこんなエピソードが多くても良かったのにね、このシリーズ。
最後は、エースが宇宙空間までガスゲゴンを持ち上げ、それをタック・ファルコンのビームで撃破。超獣を宇宙まで連れて行って倒すのも、これまた珍しい。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/3276235

この記事へのトラックバック一覧です: 3/9 『ウルトラマンA』#45:

コメント

コメントを書く