« 3/26 『スペース1999』#9 | トップページ | 3/30 『新星堂歌謡カーニバル』 »

2005.03.27

3/27 『あずみ2 Death or Love』

新宿グランドオデオンで『あずみ2 Death or Love』を観る。

徳川の使命を帯びて、最後の標的である真田昌幸(平幹二郎)を追う刺客のあずみ(上戸彩)とナガラ(石垣佑磨)。だが真田は上野甲賀衆の手を借りて、豊臣の再興を目論んでいた。ある日、あずみは、夜盗の金角(遠藤憲一)と銀角(小栗旬)に出会う。銀角は、かつての仲間であり、あずみが斬ったナチと瓜二つだった…。

弱ったね、どうも。
全然気合も入ってないし、もちろん面白くもない。監督が金子修介に変わったから、龍平ちゃんの前作よりは上だろうと思ってたのに、アレよりもつまらないってのはどーゆーこと?映画としてのまとまり方はこっちの方がいいかもしれないが、どうにもテンションが低い。プロローグでのあからさまなハイビジョン合成から、笑顔のまんま崖を落ちていく上戸彩のカットの流れで、「なんかヤベェぞ、この映画」と思ったら、ほんとにヤバイ映画になっちゃってた。

唯一のポイントは、川尻義昭が脚本に入ってたこと。そのおかげで、刀をブーメランのように投げる六破と、ワイヤーを飛ばしまくる土蜘蛛が、丸っきり川尻アニメとしか思えないキャラになっている。こんな川尻キャラが出るんなら、戦闘シーンの演出も川尻本人にやってもらえば良かったんじゃない?折角のキャラが、全く活きてないアクションにガックリだな。

ついでに、高島礼子の乳首ピアス型甲冑と「極妻」な啖呵に引きまくり。高島礼子にアクションが出来るとは端から思っちゃいないけど、アクションに全てデジタルで残像を乗っけて逃げるってのも芸が無さ過ぎだぁね。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/3460771

この記事へのトラックバック一覧です: 3/27 『あずみ2 Death or Love』:

コメント

コメントを書く