« 3/23 『ウルトラマンA』#47&48 | トップページ | 3/25 六本木「さが(性)」 »

2005.03.24

3/24 『風に逆らう流れ者』

DVDで『風に逆らう流れ者』を観る。

豊橋の塩沢火薬に勤める親友の瀬沼(木浦佑三)に会いにきた、流れ者の野村浩次(小林旭)。だが、瀬沼は昨夜工事現場を爆破して、行方をくらましたと言う。それ以来、造船所を営む瀬沼の父(信欣三)は酒びたりになり、妹の杏子(浅丘ルリ子)はヤクザの嫌がらせを受けていた。そして親切めかして瀬沼家に金を貸してくれていた塩沢(山内明)も、実は造船所の乗っ取りを目論んでいたのだ…。

61年製作の「流れ者」シリーズ第5作(最終作)。
アキラの「渡り鳥」、「風来坊」、「流れ者」などのシリーズものは、本数を多く観ていると、どれも同じようで微妙に違う----違うようでほとんど同じ(笑)なので、だんだんとどれがどれやら分からなくなってくる。
そんな中で、本作は火薬工場と火薬の密輸、爆発(日活映画には珍しく、なんとミニチュア特撮!)など、少しでも経路の違いを出そうとした作品だ。
浩次と争うライバルとして登場する神山繁も、実は警察の潜入捜査官だったと言うオチもあり、なかなか楽しい1本。ところで、この頃の神山繁を見て思うのだが、若い頃のこの人って、手塚治虫の描く悪役“ハムエッグ”に似てない?まるで漫画から抜け出てきたような印象さえ受けるのはオレだけかな。
毎度お馴染み、怪しい中国人はもちろん藤村有弘。テキトー極まりないない中国なまりがグーだ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/3460781

この記事へのトラックバック一覧です: 3/24 『風に逆らう流れ者』:

コメント

コメントを書く