« 12/14 『スペース1999』#7 | トップページ | 12/16 六本木「青島 香」 »

2004.12.15

12/15 『高原児』

DVDで『高原児』を観る。

山の工事現場で働く、現場監督の健次(小林旭)。医務室の看護婦伸子(浅丘ルリ子)は彼に恋していたが、姉が経営する別府の牧場のピンチを知り、急遽国に帰ってしまった。丁度そんな時、一人の男(近藤宏)が工事現場の医務室に運びこまれて来た。男は伸子の実家スズラン牧場を知っているらしい。健次は伸子を窮地から救うため、一路別府へと向かった。そして健次は、スズラン牧場が高山(二本柳寛)と花田(金子信雄)に狙われていることを知り、伸子の兄・五郎のフリをはじめるが…。

今回は別府ウェスタンである。ピンチのルリ子ちゃんを救うため、会社をほったらかしてまで、別府に向かうアキラが男らしい。だけどそのやり方がね。敵を欺くにはまず味方から。それはそうなんだろうが、ルリ子ちゃんにも何も教えないまま、兄のフリをして義理の姉の夫になりすますってのは、かなりムリがある。ムリを承知でゴリ押しするのが日活アクションでもあるが…。

本作で美味しいのは、宍戸錠の実弟でもある郷えい治演じる“クレイジーのゲン”。カウボーイハットで凄腕の拳銃使い。一体どこの世界からやってきたんだオマイは!と突っ込まずには居られないが、それでも独特の存在感が素晴らしい。早死にしちゃったのが惜しい役者だ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/2282062

この記事へのトラックバック一覧です: 12/15 『高原児』:

コメント

コメントを書く