« 12/9 六本木「BELG AUBE」 | トップページ | 12/11 日比谷「くすの木」 »

2004.12.10

12/10 六本木「いろり焼 門次郎」

昨年マレーシアで仕事をした現地スタッフたちが、観光来日することになった。
マレーシアの人たちは宗教上&好き嫌いで、牛がダメだったりブタがダメだったり色々と食べられないものがあるので、六本木交差点そばの「いろり焼 門次郎」で地鶏水炊きコースを予約。

ところが!アテンドをしている某イイカゲン社長(日本人)が、予想を遥かに超えるス~ダラ振りを発揮。なんと店の予約時間になってもまだ新幹線の中に居ると言う。もう信じられない!予約は19:30で、到着したのが21:50って、そんなの考えられないでしょ!…っつーことは、19:30にはまだ大阪あたりだったってことじゃん。確かに携帯電話を家に忘れてきてたオレもマズイが、ケータイ繋がらなかったんなら会社に電話して来いっつーんだよ!!

店のオヤジさんにひたすら謝りまくりの俺ら。でもこのオヤジさんがむっちゃくっちゃいい人で、弱りながらも「大事なお客さんが来るんでしょ?いいよいいよ、時間は気にしないで」と言ってくれる。12月の金曜の六本木で、店も満杯状態なのに…本当に申し訳ありません…。

やっと着いたマレーシア一行に怒る訳にも行かず、イイカゲン社長にだけ猛烈に文句を言う。でもきっとこの人、まったく気にしてないんだろうなぁ。

料理はとっても美味かったです。岩魚の塩焼きも、ホウバ味噌も、水炊きも、どれもとっても美味い。塩撒かれても仕方がないくらいなのに、最後までオヤジさんが気持ちよく対応してくれて、ますます申し訳ない…。また今度、ちゃんと食べに来ます。ゴメンナサイ。

その後六本木パセラでド深夜まで唄う。
英語曲や中国語曲を唄うマレーシア・スタッフたちは、昨年と変わらずとってもいい人たちだった。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/2247913

この記事へのトラックバック一覧です: 12/10 六本木「いろり焼 門次郎」:

コメント

コメントを書く