« 11/7 『ウルトラマンA』#21 | トップページ | 11/10 新宿「ビフテキあずま」&「びざーる」 »

2004.11.09

11/9 六本木「赤から」&「Hollow Point」

仕事帰りにハタ坊、神O君、謙羊君と、六本木交差点から旧防衛庁寄りの「赤から」へ
名前の通り、名物の真っ赤で辛い鍋を注文。出てきたのは、豚バラ、豚ホルモン、もやし、白菜の入った辛い鍋。言ってみれば、キムチ鍋みたいなもんだ。1~10まで辛さが選べるのだが、今日は5辛にしてみた。
辛いもの好きのオレにとっては、それほどの辛さではないが、それでも鍋を食べ終える頃には汗だくになっていた。この店が地下にあるせいで、鍋の熱気がこもりやすいのも、この暑さの原因でもある。
焼酎を飲みながら、鶏せせり、鶏皮なども喰って、最後は鍋にキシメンを入れて〆る。
1人前950円、クーポン雑誌を持っていくと475円なら、悪かねぇよな。

その後、今度は六本木交差点からロアビル方向に1分ほど歩いた地下のバー「Hollow Point」へ。
実は今日の本命はこっちで、武器マニアのハタ坊が来たがった店なのだ。なんでも日本で唯一のシューティング・バーだそうで、店内にシューティング・レンジがある。もちろん実銃を撃つ訳ではなく、お店がガスガンを貸してくれる。
感想は…ビミョウ……。
確かに銃が撃てるのは珍しいよ。でも、一人がレンジに入って、約30発(約300円。銃によって弾数も値段も違う)撃つ。ほかの客はガラス越しにそれを眺める。一緒に競う訳でも、スコアを比べる訳でもなく、ただ撃つ。自前の銃の持込み可なんだそうなので、ガンマニアの人が自分の新しい銃とか自慢の逸品を持ってきて、友達に見せて、試し撃ちをする。そんなシチュエーションなら楽しいのかもしれないけど、フラリと入って来て酒飲んでガスガンを撃つだけじゃなぁ。そんだったらダーツバーでみんなで盛り上がるとか、酒の揃った店でちゃんと飲むほうが、オレは全然楽しいや。
マニアさん御用達ってことなのかもね。でも、それにしちゃあ置いてあるレンタル銃が、デザート・イーグルだったり、93Rだったり、オレでも分かるくらいのモンばっかりで、いまひとつマニアチックじゃないんだけどね。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/1970503

この記事へのトラックバック一覧です: 11/9 六本木「赤から」&「Hollow Point」:

コメント

コメントを書く