« 7/9 『バイオハザード』 | トップページ | 7/10 双数姉妹『ファンシー★ スグルとマナブと奇抜な父と』 »

2004.07.09

7/9 『座頭市の歌が聞こえる』

DVDで『座頭市の歌が聞こえる』を観る。

浪人黒部玄八郎(天地茂)とすれ違った座頭市は、やくざに襲われた為吉を救う。だが為吉は市に財布を託すと言切れてしまった。
旅の途中で知り合った盲目の琵琶法師(浜村純…と言っても、すぐネタバラシするあの人ではない)から、一の宮で近々祭が行われると聞いた市は、一稼ぎしようと足を伸ばす。たまたま入った茶店が、あの為吉の母おかん(吉川満子)の家だと知り、為吉の息子太一に財布を渡した。そして、やくざ者の居ない平穏な町と聞いていた一の宮は、板鼻権造(佐藤慶)一家に牛耳られており、住人はみないやがらせを受けていた…。

田中徳三監督による座頭市第13作。
流石は宮川一夫撮影!と唸らせるような、おっそろしくカッコイイ画面があちらこちらに散りばめられているが、どちらかと言うと人情派(?)の田中演出とそぐわないところもある。座頭市シリーズでは、三隅研二か池広一夫の方が、宮川一夫とは相性が良い様に思うのだが、どうだろう?

で、田中徳三は、人間関係を丁寧に描いていく。父の居所を知っていると思い込んだ太一は、最初は市を慕い、それが居合いを見て尊敬と憧れに変わっていく。おかんは黒部玄八郎は金の為に人を斬るが、それは自分のせいで女郎になった妻、お蝶(小川真由美が、また色っぽいいい女なんだ)を身受けするためだし、お蝶は店の娘を無理やり手篭めにしようとするヒヒ爺から娘を救うため、ポンと有り金全部を払ってしまう。琵琶法師は市と触れ合い、市を「目明きにも盲にも仲間にされない化け物だ」と看破する。市が強くなり過ぎ、一見マンネリになり始めたこのシリーズを、こうした人間関係の描き方で佳作に仕上げている。

見せ場は、天知茂との対決と、太鼓を乱れ打ちされ、耳が利かない状態に追い込まれての殺陣である。どちらも緊迫感のある面白い戦いになっている。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/948920

この記事へのトラックバック一覧です: 7/9 『座頭市の歌が聞こえる』:

コメント

コメントを書く