« 5/28 『ズーランダー』 | トップページ | 5/29 そして、飲みで鬱になる…。 »

2004.05.29

5/29 『CUTIE HONEY キューティーハニー』

新宿東急で『キューティーハニー』を観る。

ある日、科学者の宇津木博士が何者かに誘拐されてしまう。犯人は、博士の研究する“Iシステム”を狙う秘密結社パンサークローであった。海ほたるに籠城した犯人に、秋夏子警部(市川実日子)たち警察は、逆に手玉に取られてしまう。しかし、そこに謎の女戦士が現われた。キューティーハニー(佐藤江梨子)と名乗った彼女は、「ハニー・フラッシュ!」の掛け声とともに、次々と姿を変え、宇津木博士奪還するのだった。だが…。

観始めて、最初にアタマに浮かんだのは、手塚真の『星くず兄弟の伝説』だった。なんだかモーレツに自主映画臭いのだよ。それも、自主映画で評判の良かった監督が、初めて撮った商業映画っぽい匂い。色々凝ってやってみたことが、ほとんど裏目に出ちゃったみたいな、素人っぽい映画。
しばらく観ていると、今度は別なものがアタマに浮かんでくる。桂木文の『翔んだカップル』に代表される、大昔の『月曜ドラマランド』だ。演技の出来ない可愛いアイドルを主演に据え、演技が出来ない分をオチャラケたギャグで誤魔化した子供だましドラマ。当時、あのノリは嫌いじゃなかったけれど、今回の『キューティーハニー』が、あのドラマと同じでもいいのか?!そりゃダメだろう。あっちはTVでこっちは入場料を取る映画なんだぜ。

サトエリは元々顔がでかくて、アニメキャラ向きではないし、演技力だって全然ない。『修羅雪姫』の釈由美子ばりに頑張ってくれたらもっと良かったとは思うけれど、それでも一生懸命頑張った方だとは思う。篠井英介と片桐はいりは…はっきりとミスキャストだったけれど、及川ミッチーと手塚とおるは、いつものようにヘンに良い味を見せてくれた。
でも、それが映画としてまとまった時、猛烈に恥ずかしいものになってしまった。これがアニメだったら、こんなに恥ずかしくなかったんだと思う。生身の人間が演じる、アニメ的なストーリーとアニメ的な演出は、もう信じられないくらいこっ恥ずかしい。

ちなみに今回の“ハニメーション”って手法は、80年代の自主映画----特に河崎実の8mm映画等でよく使っていた手法で、全く目新しいものではない。(もちろんデジタルではないけれど)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/688257

この記事へのトラックバック一覧です: 5/29 『CUTIE HONEY キューティーハニー』:

コメント

コメントを書く