« 4/17 『ディボース・ショウ』 | トップページ | 4/17 今週も結婚式 »

2004.04.17

4/17 『若親分出獄』

レンタルビデオで『若親分出獄』を観る。

親の仇、太田黒を殺して下獄した大濱の若親分・南条武(雷蔵)は、大正天皇御大典の恩赦で六年振りに出獄した。だが武のいない間に、大濱は中新門組が仕切る土地へと様変わりしていた。そして、将来を誓った京子(浅丘雪路)も、中新門組の後ろ盾となっている政界の実力者、堀越伝三郎に囲われていた。武はヤクザ稼業の虚しさから、堅気の口入れ屋を始めようとするが、中新門の横車を押すやり方に耐えかねて…。

市川雷蔵主演、池広一夫監督による『若親分』シリーズ第2弾。
このシリーズ、つまらない訳ではないのだが、どうにも真面目過ぎていまひとつ面白みに欠ける。雷蔵はずっと苦い顔をしたままで、軽妙だったり、お茶目だったりする場面がほとんどない。演出的にも、池広らしい意外な映像やテクの見せ場はなく、手堅く作られている。芝居にも演出にも遊びが少ないのだな。
雷蔵&池広の『かげろう侍』『影を斬る』のような、軽妙なノリの映画を何本も観た後だと、どうにも物足りない。
ただ、最近そういう作品を多く観たからそんな風に思うだけで、元々オレが持っていた雷蔵に対するイメージは本シリーズの方が近い。『ある殺し屋』シリーズとかの雷蔵もこの作品のイメージに近く、笑わない役柄だしな。でも、オレはもっとチャーミングな雷蔵が観たいなあ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11883/457069

この記事へのトラックバック一覧です: 4/17 『若親分出獄』:

コメント

コメントを書く